コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓ヶ浜 ゆみがはま

7件 の用語解説(弓ヶ浜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弓ヶ浜
ゆみがはま

夜見ヶ浜ともいう。鳥取県北西部,美保湾と中海を分ける砂州。長さ約 18km。幅約 1.5~2km。境水道をはさんで島根半島と対し,行政的には突端部の境港市と基部の米子市に2分される。平坦な砂地帯で,内側には砂丘がみられ,ほかに数条の砂堆列がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆみ‐が‐はま【弓ヶ浜】

鳥取県北西部、美保湾中海(なかうみ)との間に突き出た半島。また、その美保湾側の砂浜海岸。東にある日野川の流砂が、日本海からの北東風と潮流によって形成した大砂嘴(さし)。もとは島で、出雲国風土記に「夜見の島」とみえる。夜見ヶ浜

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

弓ヶ浜【ゆみがはま】

鳥取県北西部の半島。夜見(よみ)ヶ浜とも。西は中海,東は日本海の美保湾,北は中江ノ瀬戸を隔てて島根半島に対する。日野川の流砂により形成された長さ約20km,幅約4kmの大砂嘴(さし)で,松林が連なる。
→関連項目境港[市]砂州米子[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆみがはま【弓ヶ浜】

鳥取県西部にある日本最大の砂州。弓浜(きゆうひん)半島,夜見ヶ浜(よみがはま)ともいう。日野川河口から境水道までの長さ16km,淀江から境水道までの全砂州の長さは20kmに達する。幅2~4km,標高5m内外の砂質の低平な土地で,《出雲国風土記》には〈夜見島〉とあり,先史・古代のある時期には島であったと推定されている。日野川の排出する土砂が沿岸流によって運ばれ,粟島などの岩島を核として砂嘴状に堆積し,やがて島根半島に接して中海と美保湾を分離する砂州に成長したもので,縄文時代に中海側の内浜が形成され,以後美保湾側に砂が堆積して砂州の幅を広げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆみがはま【弓ヶ浜】

鳥取県北西端に突出する半島。美保湾と中海を分かつ。全体が砂州さすより成る。狭義には半島の外海側の砂浜海岸をさす。夜見よみヶ浜。古称、夜見島。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕弓ヶ浜(ゆみがはま)


鳥取県北西端、美保(みほ)湾と中(なか)海を隔てる砂州。長さ約20km、幅約4km。『出雲国風土記(いずものくにふどき)』には「夜見(よみ)島」とある。夜見ヶ(よみが)はま・弓浜(きゅうひん)半島とも。日野(ひの)川の土砂が美保湾の沿岸流に運ばれて形成された。近世にはワタ栽培を導入し、弓ヶ浜絣(がすり)の産地となった。明治期は養蚕と製糸、第二次大戦後は葉タバコとネギ栽培が発展。近年は中海新産業都市区域の一角として境(さかい)港外港や境水道(さかいすいどう)大橋などが整備された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弓ヶ浜
ゆみがはま

鳥取県北西部にある日本最大の湾口砂州で、美保湾と中海(なかうみ)を隔てる。夜見(よみ)ヶ浜、弓浜(きゅうひん)半島ともいい、『出雲国風土記(いずものくにふどき)』の国引(くにびき)神話では「持ち引ける綱は夜見(よみ)の嶋なり」とある。南北18キロメートル、幅3~6.5キロメートル。地形は海抜16メートル以下の内浜(うちはま)砂丘やそれと並列する中浜(なかはま)・外浜砂堆(そとはまさたい)列、北部では十数列の浜堤(ひんてい)と湿地列からなる。根元の目久美(めぐみ)低地遺跡では縄文早期末以後、内浜砂丘の黒砂(くろずな)層では縄文~古墳期、中浜では古墳期~平安時代の遺物が出土する。1759年(宝暦9)砂州を縦断する約20キロメートルの用水路米(よね)川の開削で新田化が進み、綿作とともに、弓ヶ浜絣(がすり)の産地となった。明治中期以降は養蚕と製糸へかわり、第二次世界大戦後は白ネギ・葉タバコ栽培地、空陸自衛隊基地、中海新産業都市計画地区へと変容。境(さかい)港外港の造成、境水道大橋や産業道路の整備など、米子(よなご)・境港両市の連合都市化が進行している。[岩永 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

弓ヶ浜の関連キーワード鳥取県西部地震鳥取県西伯郡鳥取県西伯郡伯耆町須村鳥取県西伯郡南部町鶴田鳥取県西伯郡大山町所子鳥取県西伯郡大山町豊房鳥取県西伯郡南部町西鳥取県東伯郡湯梨浜町引地鳥取県西伯郡大山町平金田長八

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弓ヶ浜の関連情報