コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松江平野 まつえへいや

5件 の用語解説(松江平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松江平野
まつえへいや

島根県北東部,中海と宍道湖の間に広がる平野。中心都市は松江市。宍道地溝帯の一部で,大部分は標高 2m以下の低湿地。中央部を大橋川が貫流し,湖と川に恵まれた水郷。『出雲国風土記』にある意宇ノ海 (おうのうみ) の一部にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつえ‐へいや【松江平野】

島根県北東部、松江市中央部に広がる平野。宍道(しんじ)湖中海(なかうみ)にはさまれた東西・南北とも約10キロメートルの低地帯。市街地部分は沖積地で、その中央部を大橋川が流れている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まつえへいや【松江平野】

島根県北東部,島根半島南側の宍道(しんじ)低地帯にあり,宍道湖中海にはさまれた平野。中央には両湖を結ぶ大橋川,天神川などが流れ,主として西部に広がる沖積低地に松江市街地が立地し,東部は低い丘陵地となっている。《出雲国風土記》にある〈入海(いりうみ)〉の一部だったところで,第三紀後半に嫁ヶ島茶臼山洪積世末に嵩(たけ)山や和久羅山が形成され,のちこの間の浅海が埋積されて平野が形成された。平野の標高はほとんど2m以下と低湿で,北東郊の北田町付近は1.3~1.5mと最も低い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕松江平野(まつえへいや)


島根県北東部、大橋(おおはし)川流域の平野。宍道(しんじ)低地帯の一部で西の宍道湖、東の中海(なかうみ)に挟まれる。西端に松江市がある。江戸時代以降、埋め立てと干拓が進み平野の大半は水田地帯で、カブ・セリなどの栽培も盛ん。松江市付近では近年、宅地化が進む。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松江平野
まつえへいや

島根県東部にある平野。宍道(しんじ)低地帯の一部で、宍道湖と中海(なかうみ)を結ぶ大橋川がつくる沖積平野。北の島根半島と南の中国山地前面の丘陵に挟まれ、東西に細長い(約10キロメートル)。嵩山(だけさん)、和久羅(わくら)山、赤山、上乃木(あげのぎ)の諸丘陵が突出する。『出雲国風土記(いずものくにふどき)』の「意宇(いう)の海」の一部とみられる。近世、松江藩の城下町建設後に埋立てや干拓が進み、大橋川の両岸に松江の市街地が発達した。市街の直線道路はかつての湿地の水路である。平野は水田利用のほか、朝酌(あさくみ)で津田カブ、黒田でセリの栽培が盛ん。[野本晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松江平野の関連キーワード島根半島佐陀川宍道[町]島根〈町〉宍道〈町〉島根県松江市宍道町伊志見島根県松江市宍道町佐々布島根県松江市宍道町昭和島根県松江市宍道町宍道島根県松江市宍道町白石

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone