コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松江平野 まつえへいや

5件 の用語解説(松江平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松江平野
まつえへいや

島根県北東部,中海と宍道湖の間に広がる平野。中心都市は松江市。宍道地溝帯の一部で,大部分は標高 2m以下の低湿地。中央部を大橋川が貫流し,湖と川に恵まれた水郷。『出雲国風土記』にある意宇ノ海 (おうのうみ) の一部にあたる。市街地のほかはほとんど水田で,かつては中海から宍道湖へ海水が逆流して水田に塩害を与えたが,現在は潮止めの水門で防止している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まつえ‐へいや【松江平野】

島根県北東部、松江市中央部に広がる平野。宍道(しんじ)湖中海(なかうみ)にはさまれた東西・南北とも約10キロメートルの低地帯。市街地部分は沖積地で、その中央部を大橋川が流れている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まつえへいや【松江平野】

島根県北東部,島根半島南側の宍道(しんじ)低地帯にあり,宍道湖中海にはさまれた平野。中央には両湖を結ぶ大橋川,天神川などが流れ,主として西部に広がる沖積低地に松江市街地が立地し,東部は低い丘陵地となっている。《出雲国風土記》にある〈入海(いりうみ)〉の一部だったところで,第三紀後半に嫁ヶ島茶臼山洪積世末に嵩(たけ)山や和久羅山が形成され,のちこの間の浅海が埋積されて平野が形成された。平野の標高はほとんど2m以下と低湿で,北東郊の北田町付近は1.3~1.5mと最も低い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕松江平野(まつえへいや)


島根県北東部、大橋(おおはし)川流域の平野。宍道(しんじ)低地帯の一部で西の宍道湖、東の中海(なかうみ)に挟まれる。西端に松江市がある。江戸時代以降、埋め立てと干拓が進み平野の大半は水田地帯で、カブ・セリなどの栽培も盛ん。松江市付近では近年、宅地化が進む。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松江平野
まつえへいや

島根県東部にある平野。宍道(しんじ)低地帯の一部で、宍道湖と中海(なかうみ)を結ぶ大橋川がつくる沖積平野。北の島根半島と南の中国山地前面の丘陵に挟まれ、東西に細長い(約10キロメートル)。嵩山(だけさん)、和久羅(わくら)山、赤山、上乃木(あげのぎ)の諸丘陵が突出する。『出雲国風土記(いずものくにふどき)』の「意宇(いう)の海」の一部とみられる。近世、松江藩の城下町建設後に埋立てや干拓が進み、大橋川の両岸に松江の市街地が発達した。市街の直線道路はかつての湿地の水路である。平野は水田利用のほか、朝酌(あさくみ)で津田カブ、黒田でセリの栽培が盛ん。[野本晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone