コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲平野 いずもへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出雲平野
いずもへいや

島根県北東部,出雲市を中心とする平野簸川平野(ひのかわへいや)ともいう。斐伊川神戸川による沖積平野で,北は島根半島,東は宍道湖,西は日本海の大社湾にいたる。天平時代には沼沢地が多かったが,斐伊川上流の砂鉄採取に伴う多量の流砂で急速に平野が成長。宍道湖への平野の延びは 17世紀中頃以降約 5kmに及び,湖岸線が東進。出雲市の三分市(さんぶいち)以東は江戸時代以降の造成地で,出東(しゅっとう)は典型的な新田集落。平野東部は斐伊川の河道変遷に伴う自然堤防と後背低湿地が旧河道に沿って列状に展開し散村が立地。この集落は冬の卓越風を避けるための屋敷森が特徴で,築地松(ついじまつ)と呼ばれるクロマツを主体とする。地下水が豊富なため湿田が多いが,土地改良による乾田化が進んでいる。またメタンガスの埋蔵量が多く,家庭用燃料に利用されている。東部でチューリップなどの花卉園芸,西部の日本海岸の砂丘地ではブドウ栽培が盛ん。北西部に出雲大社がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いずもへいや【出雲平野】

島根県東部,島根半島と中国山地の間の低地帯の西部にある平野。東は宍道(しんじ)湖,西は大社湾を経て日本海に臨む。斐伊(ひい)川と神戸(かんど)川による沖積平野で,斐伊川の河道変遷により成長した。南西部の神西(じんざい)湖は《出雲国風土記》の神門水海(かんどのみずうみ)で,付近には沼沢地がかなり広がっていた。かつて斐伊川は出雲市小山の微高地の北を通って西流し,神門水海の北部を沖積して大社町付近の土地を形成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いずもへいや【出雲平野】

島根県東部、宍道しんじ湖の西にひろがる斐伊ひい川と神戸かんど川による沖積平野。米作地帯。簸川ひのかわ平野。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕出雲平野(いずもへいや)


島根県東部、斐伊(ひい)川・神戸(かんど)川流域の平野。おもに斐伊川の旺盛な堆積(たいせき)作用で古代以降に形成された新しい沖積(ちゅうせき)地からなる。北は島根半島の北山(きたやま)地塊、南は中国山地、東は宍道(しんじ)湖に囲まれ、西は日本海に臨む。築地(ついじ)松の屋敷林に囲まれた散村風景で知られる。中心都市は出雲市。簸川(ひかわ)平野とも。江戸時代初期、斐伊川が西流から東流に転じ、宍道湖沿岸で干拓が進展した。当初は湿田だったが土地改良で干田化が進んだ。稲作のほかチューリップ栽培も行われ、種なしの島根ブドウの産地でもある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出雲平野
いずもへいや

島根県東部、斐伊(ひい)川、神戸(かんど)川流域の沖積平野。簸川(ひかわ)平野ともいう。東西約30キロメートル、南北約20キロメートルの長方形をなす。北を島根半島の山地、南を中国山地の北辺でくぎられ、西端に砂丘、東端に宍道(しんじ)湖がある。斐伊川下流の三角州形成は著しく、出雲市の北東部にあたる旧平田市と斐川町荘原(ひかわちょうしょうばら)を結ぶ線の東部は江戸期以後の新開地である。湿田が多く、湖岸は水害を繰り返したが、土地改良により乾田化された。東部の乾田はチューリップ栽培、西端の砂丘では種なしブドウの生産が盛ん。中心は出雲市の市街地で、古い自然堤防上は築地松(ついじまつ)で囲まれた散居集落が分布し、独特の景観をみせる。しかし近年では、松くい虫による被害や市街化の進行などによって、築地松景観は減少している。[矢野 博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の出雲平野の言及

【島根[県]】より

出雲国石見国隠岐国【狐塚 裕子】
[狭い平野と長い海岸線]
 中国山地の北側斜面から日本海に至る〈山陰〉の西部を占める島根県は,中国山地の分水嶺が北にかたよっているため,地形は比較的急な傾斜を示す。河川は急流が多く,高津川による益田平野,斐伊(ひい)川,神戸(かんど)川による出雲平野のほかは,平野の発達はよくない。飯梨川扇状地,松江平野,出雲平野は県内最大の低地帯である宍道(しんじ)地溝帯に属し,最終氷期の海退期の深い谷を,後氷期の海成粘土層と河川の砂礫(されき)が埋積したところである。…

【斐伊川】より

…古くは簸(ひの)川,出雲大川とも呼ばれ,上流部は八岐大蛇(やまたのおろち)神話の舞台とされる。下流部は出雲平野を形成しており,《出雲国風土記》の時代には大社湾に注いでいたが,のち数度の洪水でしだいに東流するようになり,1639年(寛永16)には完全に宍道湖へ流入するに至った。 上流域は,黒雲母花コウ岩や花コウセン緑岩などの風化した地帯で良質の砂鉄を含み,これを原料とするたたら製鉄が中世以降盛んに行われた。…

※「出雲平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出雲平野の関連キーワード今市大念寺古墳平田(島根県)島根県出雲市湖陵[町]宍道地溝帯平田[市]出雲(市)島根(県)雲南(市)出雲[市]湖陵〈町〉中国地方山陰地方神西湖雲南市平田斐川地塊

出雲平野の関連情報