宗口(読み)そうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗口 そうこう

1827-1895 幕末-明治時代の茶人。
文政10年生まれ。安立権斎(あだち-ごんさい)の弟。京都の表千家不審庵で茶の湯をまなぶ。郷里越後(えちご)(新潟県)で茶室をつくり,茶道をたのしむ。大僧正権田雷斧(ごんだ-らいふ)らはその流れをくむ。明治28年4月死去。69歳。姓は田口。通称は半左衛門。号は川向庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android