コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗継 そうけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗継
そうけい

室町時代の画家。姓は小栗氏。宗湛の子。北房と称する。延徳2 (1490) 年大徳寺養徳院の襖に『芦雁図』『山水図』『琴棋書画図』を描き,翌年には松泉軒客殿の障子絵を制作。養徳院の襖絵京都国立博物館に現存し,これによって父宗湛の作風も推測できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の宗継の言及

【小栗宗湛】より

…宗湛の確実な作品は今日なお明らかになっていない。ただわずかにその子宗継(そうけい)(道号は月船,喜多(北)坊と称される。生没年不詳)とともに描いた大徳寺養徳院の障子絵《芦雁図》(京都国立博物館)に,彼の作と推定されるものがあるにすぎない。…

※「宗継」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宗継の関連キーワード立入宗継(たてりむねつぐ)立入宗継(たてりそうけい)立入家文書磯谷久次月渓聖澄曾我蛇足北条時宗川端道喜金沢貞顕1月5日深根輔仁室町時代立入宗継松木宗綱小栗宗湛小栗宗継障屏画水墨画伊勢氏宗盛員

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android