コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗諄女王 そうじゅんじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗諄女王 そうじゅんじょおう

1817*-1890 江戸後期-明治時代,貞敬(さだよし)親王の王女。
文化13年11月27日生まれ。文政2年光格上皇の養女となり,6年霊鑑寺にはいり出家,5代門跡となる。明治6年伏見宮に復帰したが,13年ふたたび尼にもどり,新政府の大教宣布運動に協力して中教正,権大教正をつとめた。明治23年6月13日死去。75歳。幼称は万志宮。道号は法山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

宗諄女王 (そうじゅんじょおう)

生年月日:1816年11月27日
江戸時代;明治時代の尼僧。霊鑑寺権大教正
1890年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

宗諄女王の関連キーワード明治時代親王

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android