官僚国家(読み)かんりょうこっか(英語表記)bureaucratic state

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官僚国家
かんりょうこっか
bureaucratic state

近代国家の成立とともに,その行政機関として生まれてきた官僚制が肥大化した,官僚制中心の国家形態。官僚化現象は行政機構だけではなく,企業や労働組合などでも進行する。そこにおいては,政治的に重要な決定は官僚機構の上層部に集中し,選挙,政党,内閣などの手から政治過程が離れ,実質的な決定が官僚機構内部でなされることが多くなる,と批判される。官僚化現象は社会主義国にも多く見られ,旧ソ連,中国でも民主化の要求の一つに官僚制打破がある。特に中国の天安門事件のときには「官倒」撲滅の運動があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官僚国家の関連情報