コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官僚国家 かんりょうこっかbureaucratic state

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官僚国家
かんりょうこっか
bureaucratic state

近代国家の成立とともに,その行政機関として生まれてきた官僚制が肥大化した,官僚制中心の国家形態。官僚化現象は行政機構だけではなく,企業や労働組合などでも進行する。そこにおいては,政治的に重要な決定は官僚機構の上層部に集中し,選挙,政党,内閣などの手から政治過程が離れ,実質的な決定が官僚機構内部でなされることが多くなる,と批判される。官僚化現象は社会主義国にも多く見られ,旧ソ連,中国でも民主化の要求の一つに官僚制打破がある。特に中国の天安門事件のときには「官倒」撲滅の運動があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

官僚国家の関連キーワードエコール・ナショナル・ダドミニストラシオンフリードリヒ・ウィルヘルムギルド社会主義イスラエル王国イラク革命パレスチナ政治的情報ササン朝脱藩官僚建武新政伊沢修二ローマ法聖徳太子近代国家韓非子アジア

官僚国家の関連情報