官僚派(読み)かんりょうは

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「官僚派」の解説

官僚派
かんりょうは

自由民主党に所属する国会議員大別の仕方の一つで,高級官僚出身の議員の俗称。地方議会出身のたたき上げや,長く党組織に所属する議員をさす党人派に対していう。第2次世界大戦直後,長期にわたって政権を担当した吉田茂は,公職追放や世代交代で底をついた保守政界の人材を高級官僚で補充した。吉田自身や,吉田に誘導された池田勇人佐藤栄作をはじめとし,それに連なる人脈が官僚派と呼ばれた。1955年の保守合同以後 10年間ほどは,鳩山一郎松村謙三河野一郎大野伴睦らの党人派との対抗図式のなかで,保守陣営の覇権争いが展開された。池田政権と佐藤政権が長く続き,官僚派の優位体制が確立されてからは,「官僚派対党人派」という図式そのものがあまり用いられなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android