コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村謙三 まつむらけんぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松村謙三
まつむらけんぞう

[生]1883.1.24. 富山
[没]1971.8.21. 東京
政治家。早稲田大学卒業後,新聞記者となった。1928年衆議院議員に初当選以来,追放中の 3回の総選挙を除き連続当選。1969年引退。この間,東久邇内閣の厚生大臣,幣原内閣の農林大臣,鳩山内閣の文部大臣を歴任。改進党幹事長となった。第2次世界大戦敗戦直後に第1次農地改革を積極的に推進,実践し,その後日中友好・国交回復に尽力した。官僚政治,金権政治を排斥し,清貧,廉潔の党人政治家として知られた(→党人派)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

松村謙三【まつむらけんぞう】

政治家。富山県出身。早大卒。報知新聞記者,富山県議を経て1928年衆院議員。第2次大戦中大政翼賛会政調会長,戦後東久邇(ひがしくに)内閣厚相兼文相,幣原(しではら)内閣農相。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村謙三 まつむら-けんぞう

1883-1971 大正-昭和時代の政治家。
明治16年1月24日生まれ。報知新聞記者,富山県議をへて,昭和3年衆議院議員(当選13回)。戦後,東久邇(ひがしくに)内閣の厚相兼文相。幣原(しではら)内閣の農相として第1次農地改革を推進。第2次鳩山内閣の文相。34年岸信介と自民党総裁選挙をあらそう。のちLT貿易協定をまとめるなど,日中友好につくした。昭和46年8月21日死去。88歳。富山県出身。早大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松村謙三
まつむらけんぞう
(1883―1971)

政治家。富山県福光(ふくみつ)町(現、南砺(なんと)市)出身。早稲田(わせだ)大学を卒業、『報知新聞』記者、富山県県会議員を経て、1928年(昭和3)の第1回普通選挙で衆議院議員に当選、以後1946~1951年(昭和21~26)の公職追放期間を除いて、1969年に第一線を引退するまで連続当選。戦後、東久邇稔彦(ひがしくになるひこ)内閣の厚相兼文相、幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)内閣の農相に就任、第一次農地改革を推進した。追放解除後は吉田茂の官僚政治に対抗、1955年の保守合同には「野合」として反対、1959年自民党総裁選では岸信介(のぶすけ)と対決するなど、清廉な、ほねのある保守政治家であった。改進党幹事長、鳩山一郎(はとやまいちろう)内閣文相を歴任。1959年の訪中以来、一貫して日中友好に努力、両国のパイプ役として貴重な存在であった。[宮 章]
『松村謙三著『三代回顧録』(1964・東洋経済新報社) ▽田川誠一著『松村謙三と中国』(1972・読売新聞社) ▽木村時夫編著『松村謙三』伝記編上下、資料編(1999・桜田会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

松村謙三の関連キーワードプリヴェチューリッヒ企業再生グループラデジンスキー ウォルフ竹山 祐太郎日中覚書貿易大日本政治会川崎 秀二東久邇内閣自由民主党藤山愛一郎日本民主党昭和時代町田忠治古井喜実和田博雄川崎秀二松本俊一幣原内閣公職追放田川誠一王国権

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松村謙三の関連情報