コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野一郎 こうのいちろう

6件 の用語解説(河野一郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河野一郎
こうのいちろう

[生]1898.6.2. 神奈川
[没]1965.7.8. 東京
政治家。 1923年早稲田大学卒業。『朝日新聞』記者となる。 32年衆議院議員初当選。 45年日本自由党結成に参画。同幹事長となったが,46年公職追放。 51年追放を解除され,吉田内閣打倒,鳩山政権実現に専念した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうの‐いちろう〔かうのイチラウ〕【河野一郎】

[1898~1965]政治家。神奈川の生まれ。新聞記者を経て政友会の代議士となり、第二次大戦後、自由党結成に参加。農林・建設・国務の各大臣を歴任し、日ソ国交回復にも尽力。自由民主党の党人派実力者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

河野一郎【こうのいちろう】

政治家。神奈川県出身。1923年早稲田大学卒,朝日新聞社入社。1932年衆議院議員となり,政友会に所属。1945年鳩山一郎を総裁とする日本自由党創立に参加,幹事長となるが,翌年鳩山とともに公職を追放された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうのいちろう【河野一郎】

1898‐1965(明治31‐昭和40)
昭和戦後期前半の代表的政治家。神奈川県出身。1923年(大正12)早大を卒業し朝日新聞社に入社,農政記者となる。32年(昭和7)衆議院議員に初当選,政友会所属。42年の翼賛選挙では非推薦で当選した。戦後は,45年日本自由党結成に参画,鳩山一郎総裁の下に初代幹事長となったが,翌46年鳩山とともに公職追放された。51年追放解除後,鳩山を擁して吉田茂長期政権打倒の争いを続け,54年末鳩山一郎内閣を実現させ,農相に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうのいちろう【河野一郎】

1898~1965) 政治家。神奈川県生まれ。早大卒。1945年(昭和20)自由党結成に参加。農相・建設相などを歴任し、自由民主党の党人派実力者として活躍。日ソ国交回復に尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河野一郎
こうのいちろう
(1898―1965)

政治家。神奈川県生まれ。1923年(大正12)早稲田(わせだ)大学政経学部卒業後、朝日新聞記者。1932年(昭和7)衆議院議員(神奈川県)、以来連続5回当選。政友会鳩山一郎(はとやまいちろう)派に属し、第二次世界大戦中は非翼賛議員。1945年(昭和20)終戦後、鳩山に従って自由党結成に参加し、初代幹事長に就任。1946年公職追放を受け1951年解除。三木武吉(みきぶきち)らと鳩山政権樹立に向けて活動し、1953年分党派自由党を結成。その後日本自由党の幹事長を経て1954年日本民主党結成に参加。同年第一次鳩山内閣の農相に就任。1955年の保守合同で自由民主党に所属、1956年全権委員として日ソ国交回復実現に尽力した。以後、経済企画庁長官、農相、建設相、オリンピック担当国務相を歴任。実力ある党人派代表であり、総理総裁の座をねらっていたが、大動脈瘤(りゅう)で急死。河野謙三は弟。次男洋平(1937― )は衆議院議長を務めた。[荒 敬]
『河野一郎著『今だから話そう』(1958・春陽堂書店) ▽『河野一郎自伝』(1965・徳間書店) ▽河野一郎著『日本の将来』(1965・恒文社) ▽伝記刊行委員会編『河野先生を偲ぶ』(1966・春秋会) ▽小枝義人著・河野洋平監修『党人河野一郎――最後の十年』(2010・春風社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の河野一郎の言及

【疑獄】より

…〈疑獄〉という言葉は,元来入獄させるか否かが明確でなく,犯罪事実があいまいな事件を意味する。この種の事件は多かれ少なかれ政・官・財界に波及するため,現在では政治問題化した利権関係事件の総称となっている。政治問題として社会的に大きく取りあげられ,ジャーナリズムによる声高な批判を代償として,刑事事件としては訴追されることがきわめて少ないのが疑獄事件の特徴といってよい。 明治初期においては,山県有朋が関与したといわれる山城屋事件など,藩閥政府と政商とが特権の供与をめぐって直接結びついたケースがあり,多くは表沙汰にならなかった。…

【自由党】より

…これらの吉田内閣を支えたのが自由党であり,党名は日本自由党,1948年3月に民主自由党(民自党),50年3月に自由党へと変遷した。 1945年11月9日,鳩山一郎を総裁とし,幹事長を河野一郎とする日本自由党が結党された。1週間遅れて結党された日本進歩党が大日本政治会の多数を結集し旧政党復活の印象を与えたのに対し,自由党は旧政党人であっても翼賛体制下における反東条派を結集する姿勢を示し,西尾末広など社会民主主義者の一部をも包含する動きを見せた。…

※「河野一郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河野一郎の関連キーワード神奈川県横浜市神奈川区神奈川神奈川県横浜市神奈川区台町神奈川県小田原市中里神奈川県横浜市神奈川区東神奈川神奈川県厚木市船子神奈川県相模原市緑区又野神奈川県茅ヶ崎市元町磯野庸幸岩本信行山宮藤吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河野一郎の関連情報