寺務(読み)じむ

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐む【寺務】

〘名〙
① (━する) 寺院の事務や仕事を取り扱うこと。また、その事務や仕事。
※愚管抄(1220)二「此後智証大師門人とききしは座主なれどもながく寺務せず」
② 寺院で決まって行なう行事、つとめ。
※観智院本三宝絵(984)下「書師を撰て仏をうつさしめ給き其後比叡にうつして毎年に寺務としておこなふ」
③ 寺院の事務執行代表者。初め、奈良諸大寺の別当だけをさしていたが、のち、一般的に広く用いられるようになった。
※東寺百合文書‐と・文永一一年(1274)三月・興福寺一乗院家きゃうけん奉書案「御寺よりてん定のことのさふらひしをりふし、しむのほどにて候ときに、てん定をやめさせて候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android