官製春闘(読み)かんせいしゅんとう

  • かんせいしゅんとう〔クワンセイ〕

知恵蔵miniの解説

労働組合が毎年展開する日本最大の労働運動「春闘(春季生活闘争)」において、政府が経営側に賃上げを要請する強い動きがあるもののこと。2013年9月20日、首相官邸の主催により、政府・経済界・労働界の合意形成を図る「経済の好循環実現に向けた政労使会議(政労使会議)」の第1回が開催され、また総理を始めとし政府が経済界に賃上げを幾度となく要請した結果、14年の春闘で中小企業を含めた企業の賃上げ率が15年ぶりに2%を超え(2.07%)、大幅なベースアップに踏み切る企業も相次いだ。本来労使間の労働運動である春闘に政府が介入したことから、この14年の春闘が「官製春闘」と呼ばれるようになった。以降も政労使会議が16年4月までに計10回行われるなど政府の要請などが続き、15年、16年の春闘も官製春闘と呼ばれた。

(2016-3-22)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官製春闘の関連情報