コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定宴 じょうえん

2件 の用語解説(定宴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定宴 じょうえん

?-? 鎌倉時代の僧。
真言宗。延応元-弘安(こうあん)2年(1239-79)ごろ,東寺領荘園の若狭(わかさ)(福井県)太良(たらの)荘,伊予(いよ)(愛媛県)弓削島(ゆげじまの)荘などの管理運営にたずさわる。荘園の雑掌,預所代(あずかりどころだい)として現地で地頭との争いなどを処理した。字(あざな)は真行(しんぎょう)房。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

定宴

生年:生没年不詳
鎌倉中期,荘官として東寺領の経営に辣腕をふるった有能な下級僧。真行房と称す。若狭国太良荘(福井県小浜市)をはじめ,伊予国弓削島荘,大和国平野殿荘,安芸国新勅旨田の現地に下向,年貢収納や訴訟に縦横の活躍をみせ,その経営を軌道にのせた。太良荘では,寛元1(1243)年,地頭代罷免の六波羅探題の裁決を勝ちとり,定宴に対し「七代に至るまで不忠不善を致すべからず」との百姓たちの信頼を得,以後200年余におよぶ支配を成功させた。その後,全供料荘を管理する「庄々納所公文」の地位についた。「老耄術なく候の上,いよいよ起居たやすからず」と述べ,弘安2(1279)年ごろ没した。

(林文理)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の定宴の言及

【預所】より

… 預所の中には現地に下向して,在地の下級荘官や有力農民を指揮して荘園管理に敏腕をふるった者も多い。鎌倉中期,東寺長者菩提院行遍の下にあって,若狭国太良(たら)荘をはじめ数荘の預所を兼ね,東寺領としての体制を確立させた真行房定宴(じようえん)はとくに著名である。鎌倉時代にあっては多くの荘園で預所が対地頭訴訟の当事者=〈雑掌〉として活躍した。…

※「定宴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

定宴の関連キーワード経営参加辣腕農業所得覚仁勧心聖宴任賢源保茂牟田口元学頼勝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定宴の関連情報