コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定山渓[温泉] じょうざんけい

百科事典マイペディアの解説

定山渓[温泉]【じょうざんけい】

北海道札幌市南区西部にある温泉。含ホウ酸食塩泉など。80℃,湯量豊富。明治初期越前の僧定山が出願,開発。原始林におおわれた山が迫る豊平(とよひら)川上流の渓谷に沿って温泉街が発達,札幌市街からバスが通じ,支笏洞爺(しこつとうや)国立公園の一中心をなし,洞爺湖へもバスが通じる。
→関連項目札幌[市]中山峠南[区]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうざんけい【定山渓[温泉]】

北海道,札幌市南西部,豊平川の上流にある温泉。1866年(慶応2)美濃の僧定山がアイヌの案内で発見,その開発に尽くし,湯治場をつくって湯守をしたのに始まるといわれる。71年(明治4)当時の東久世開拓使長官がその功績をたたえて定山渓と命名した。付近は約1kmにわたって豊平川渓谷に分布する石英斑岩節理割れ目から温泉が湧出する。定山の死後元湯経営は他に移ったが,その下流には温泉宿を経営する者も現れ,明治末には温泉宿も3軒となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android