コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞爺湖 とうやこ

7件 の用語解説(洞爺湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞爺湖
とうやこ

北海道南西部,内浦湾の北東にある湖。貧栄養湖。直径約 10kmの円形に近いカルデラ湖で,面積 70.7km2,周囲 50km,最大水深 180m,最大透明度 10m,湖面標高 84m。カルデラ形成後,湖の中心部に中央火口丘の中島,南岸に有珠山 (732m) ,1944年には昭和新山 (402m) などの溶岩円頂丘が出現。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうや‐こ【洞爺湖】

北海道南西部にあるカルデラ湖。面積70.7平方キロメートル。最大深度179.7メートル。南岸に有珠(うす)山昭和新山がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

洞爺湖【とうやこ】

北海道南西部にあるカルデラ湖。標高83.9m,面積70.72km2,最深179.7m。周辺に有珠(うす)山,昭和新山がある。中央に浮かぶ中島は中央火口丘をなす溶岩円頂丘で,原始林におおわれ,道立森林博物館がある。
→関連項目虻田[町]有珠山カルルス[温泉]壮瞥[町]中山峠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうやこ【洞爺湖】

北海道南西部,胆振(いぶり)支庁管内にあるカルデラ湖。直径約10kmのほぼ円形をなし,面積69.4km2,最大深度179.7m。湖底はほぼ平たんである。カルデラの基盤は新第三紀層で,更新世末に多量の軽石流の噴出を伴う大噴火が繰り返されて陥没した。湖面が広いわりには外輪山は湖面からの比高200~500mと低く,広々とした景観をつくっている。カルデラ壁には畑地も開かれ,北部にはニナルカ台地や一ノ原,二ノ原など火山灰や軽石流堆積物からなる広大な台地もみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうやこ【洞爺湖】

北海道南西部にあるカルデラ湖。面積69平方キロメートル。中央に火口丘の中島があり、湖南に有珠うす山・昭和新山がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕洞爺湖(とうやこ)


北海道南西部、内浦(うちうら)湾北岸近くにあるカルデラ湖。面積70.7km2。ほぼ円形で、湖中に中島(なかじま)などの小島が浮かぶ。南東部から壮瞥(そうべつ)川が流出し長流(おさる)川に合流する。冬季を除いて遊覧船が運航。湖岸に洞爺湖・壮瞥の温泉街がある。背後の有珠(うす)山・昭和新(しょうわしん)山も観光客に人気。支笏(しこつ)洞爺国立公園の一中心。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞爺湖
とうやこ

北海道南西部、内浦(うちうら)湾の近くにあるカルデラ湖。支笏(しこつ)洞爺国立公園の一中心。面積70.7平方キロメートル、周囲52キロメートル、水面標高84メートル、最深部179.7メートル。新生代第四紀初期から数次の火山活動で多量の溶結凝灰岩を噴出して陥没しカルデラ湖ができ、その後中央火口丘中島の噴出により現在のドーナツ型となった。火山活動は現在も継続し、外輪山を構成する有珠(うす)火山の大有珠・小有珠、昭和新山、明治新山(四十三(よそみ)山)などは近年の活動によって生じたものである。1977年(昭和52)8月7日の有珠山の活動は、火山地震、噴出した軽石や火山灰、雨による泥流によって周辺に多大の損害を与えた。噴出物は洞爺湖にも多量に降下し、透明度の高かった湖水も表面が真っ白に覆われた。
 湖畔には洞爺湖、壮瞥(そうべつ)の両温泉があり、また中島には森林博物館があって、エゾシカが放牧されている。湖を一周する観光道路も整備されて年間約100万の観光客がある。湖の周辺は、道内でも有数の気候温和な所で、米作、果樹・野菜栽培、酪農の行われる農村地域が展開する。湖水は東部の火口壁を破って火口瀬(らい)となり、長流(おさる)川に注ぎ、壮瞥、虻田(あぶた)の両発電所で利用されている。[奈良部理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洞爺湖の関連キーワード胆振支庁渡島半島胆振白老後志ニセコ奥尻[町]壮瞥[町]穂別[町]北海道胆振〈総合振興局〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洞爺湖の関連情報