定店(読み)じょうみせ

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐みせ ヂャウ‥【定店・定見世・常ジャウ店】

〘名〙 一定の場所で常にきまった商品を売る店。
※歌舞伎・阿国御前化粧鏡(1809)序幕「お立合ひのお方は皆御存じの、拙者定見世(ヂャウミセ)は即ち堂島の御蔵前」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「御蔵前に定舗(ヂャウミセ)の、名も高籏の牛肉鍋」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐みせ〔ヂヤウ‐〕【定店】

ある場所に定住して、一定の商品を売る店。
「往来(ゆきき)絶えざる浅草通行(どおり)。御蔵前に―の、名も高簱の牛肉鍋」〈魯文安愚楽鍋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android