コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期検査 ていきけんさ

3件 の用語解説(定期検査の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

定期検査

原発を完全に停止し、機器の検査をすることで、電気事業法第54条で1年±1カ月ごとに行うことが義務づけられている。圧力容器の蓋(ふた)を開けて燃料をすべて取り出して、漏れがないかを調べたり、各種の配管の傷、機器の機能などが点検される。この期間中に燃料交換も行われる。また、装置や機器の重要性によって、毎回検査するものと何年かに1回の検査で済ませるものとがある。例えば、原子炉とその付属設備は1年±1カ月に1回、蒸気タービンは2年±1カ月に1回と定められている。定期検査では約60の検査項目があり、検査対象設備が工事認可申請や経済産業省令で定める技術基準に適合するよう維持・運用されているかどうかをチェックする。

(渥美好司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

定期検査

電気事業法で13カ月に1度の実施が義務づけられる。2~3カ月程度発電を止めて原子炉や蒸気発生器タービンなどを国の原子力安全・保安院電力会社が検査。併せて燃料集合体も交換する。多額の検査費用に加え、発電停止期間が電力需要期とぶつかる場合はコストの高い火力発電で必要電力を補うこともあり、電力会社の負担は大きい。

(2009-09-14 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ていき‐けんさ【定期検査】

特定の工作物や機器について、定められた時期ごとに、その精度や安全性などの検査を実施すること。定検。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定期検査の関連情報