コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定範 じょうはん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定範 じょうはん

1165-1225 鎌倉時代の僧。
永万元年生まれ。藤原成範(なりのり)の子。東大寺東南院で出家し,真言と三論(さんろん)をまなぶ。勝賢,兄の成賢(せいげん)に師事し,東南院院主となり醍醐寺(だいごじ)理性院主をかねる。のち東大寺別当,醍醐寺座主(ざす)をつとめた。元仁(げんにん)2年2月25日死去。61歳。通称は民部卿法印。号は含阿弥陀仏。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

定範の関連キーワード特定旅客自動車運送事業白金コバルト温度計AVERAGE関数クラス・アクションマーチャンダイザーベックマン温度計ホメオスターシスアルコール温度計COUNT関数産業用ロボットハイパーリンク指定金銭信託連座(連坐)計器用変圧器トラッキング契約者貸付カーニング真空(1)測定顕微鏡会員信認金

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android