コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝賢 しょうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝賢 しょうけん

1138-1196 平安後期-鎌倉時代の僧。
保延(ほうえん)4年2月18日生まれ。藤原通憲(みちのり)(信西(しんぜい))の子。真言宗平治(へいじ)元年醍醐寺(だいごじ)三宝院の実運から灌頂(かんじょう)をうけ,以後3度醍醐寺座主(ざす)となり,また東寺長者,東大寺別当をつとめた。権(ごんの)僧正。建久7年6月22日死去。59歳。京都出身。通称は侍従僧正。著作に「祈雨抄」「護摩」「伝法灌頂諸作法」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

勝賢

没年:建久7.6.22(1196.7.19)
生年:保延4(1138)
鎌倉前期の真言宗僧。藤原通憲(信西)の子。母は藤原兼永の娘で,後白河上皇の乳母の紀伊二位朝子とみられる。醍醐寺座主実運の弟子。保元の乱(1156)によって配流されるが,許されて永暦1(1160)年に21歳で醍醐寺座主に補任される。他の候補者を退けての強引な人事は,勝賢が後白河上皇の乳母子だったからであり,以後3度にわたって座主を勤めたが,いずれも上皇の意向によった。座主在任中には三宝院の文書を整理し,鎮守清滝宮を修造するなど寺内の整備に努め,桜会(清滝会)を興隆した。勝賢の下で桜会の童舞は最盛期を迎え,醍醐寺に華やかな芸能の時代を築いた。文治1(1185)年権僧正,同3年東寺長者,建久3(1192)年には東大寺別当となり,重源の東大寺再建を支えた。仁和寺の守覚法親王とも親しく,『雨言雑秘記』などの多くの著作が両者の法の交流を物語っている。<参考文献>土谷恵「中世醍醐寺の桜会」(佐藤道子編『中世の寺院と法会』)

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

勝賢 (しょうけん)

生年月日:1138年2月18日
平安時代後期;鎌倉時代前期の真言宗の僧
1196年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

勝賢の関連キーワード鎌倉時代生年月日紀二位源親治覚禅抄貞慶実賢覚禅成賢定範実継静遍

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android