コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成賢 せいげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成賢 せいげん

1162-1231 平安後期-鎌倉時代の僧。
応保2年生まれ。藤原成範(なりのり)の子。真言宗。醍醐(だいご)寺の勝賢(しょうけん)に師事し,灌頂(かんじょう)をうける。醍醐寺座主(ざす),東寺三長者をつとめる。祈雨などの修法に長じた。寛喜(かんぎ)3年9月19日死去。70歳。通称は宰相僧正,遍智院僧正。著作に「遍口鈔」「薄双紙」「結縁灌頂私記」など。

成賢 じょうげん

せいげん

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

成賢の関連キーワード聖海法親王道禅(2)鎌倉時代金丸荘道教頼賢定範深賢憲深光宝応保実深

成賢の関連情報