コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定見取 ジョウミトリ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐みとり〔ヂヤウ‐〕【定見取】

江戸時代、開墾埋め立てなどに多額の費用を要した田畑に、年々の豊凶による増減のない、軽い年貢を永久に課したこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうみとり【定見取】

江戸時代、多額の費用を要して開墾した新田に、地質の向上、豊凶などにかかわりなく、永久に低い年貢を課したこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

定見取の関連キーワード江戸時代新田地質

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android