定見取(読み)じょうみとり

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐みとり ヂャウ‥【定見取】

〘名〙 江戸時代、開墾、干拓などに多くの費用、労力を要した新田には正規の検地を行なわずに、見込みをもって下田、下畑より低い年貢を永久に課したこと。〔地方要集録(古事類苑・政治七九)(1741)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android