コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定遍 じょうへん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定遍 じょうへん

1133-1186* 平安時代後期の僧。
長承2年生まれ。真言宗忍辱山(にんにくせん)定遍方の祖。仁和寺(にんなじ)尊寿院の寛遍(かんぺん)に灌頂(かんじょう)をうける。東寺長者,東大寺別当,仁和寺別当などをつとめ,文治(ぶんじ)元年の東大寺大仏開眼供養では導師をつとめた。文治元年12月18日死去。53歳。通称は大納言僧正,尊寿院僧正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

定遍の関連キーワード法然京都守護佐藤一斎Henry法然高陽院妍子内親王徳大寺実能藤原公教藤原伊通