コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

導師 どうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

導師
どうし

仏教用語。 (1) 人を正道く者の通称。 (2) 法要に際して中心となり,願文表白などを述べて人々を導引する師のこと。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうし【導師】

仏教儀式(法要)の中心となる僧の役名。通常は一山の代表,あるいはそれに準ずる立場の人がその任にあたり,法要を主宰する。法要はいずれの場合も明確な趣旨をもって執行され,つねに一定の構造による首尾一貫した次第が構成されているが,導師はその最高責任者として法要の出勤者全体を統括し,みずからも最も重要な作法を行う。たとえていえば指揮者と独奏者を兼ねた立場である。導師には法要全体を統括する役割の導師と,法要の特定の部分のみの主役を勤める導師があり,前者を大導師,後者を時(じ)導師などと呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうし【導師】

仏道を説き、人々を仏道に導く者。高僧や仏・菩薩をいう。
法会ほうえに際して、集まった僧の中心となり儀式を行う僧。唱導師。
葬儀に際して、死者に引導を渡す僧。
ヨーガなどで、指導者のこと。グル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

導師
どうし

唱導師のこと。元来は人を迷道から善道に導く師、衆生(しゅじょう)を仏道に誘引する教化(きょうげ)者、または仏・菩薩(ぼさつ)のこと。転じて、仏教の法要儀礼に際し、衆僧を率いてその法要を主宰し、正面拝席(はいせき)についてその儀礼を中心となって執行する僧。また、観音懺法(かんのんせんぼう)などの儀礼で、祭文(さいもん)を表白(ひょうびゃく)宣読する役の僧。禅宗寺院では、法会の首座にあって経文を唱え始め、衆僧の誦経(じゅきょう)を導く維那(いの)の役を意味することもあった。[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の導師の言及

【大壇】より

…仏事の法具名。密教立(みつきようだて)の法要のとき,導師(どうし)が修法に用いる正方形大型の壇(図)。四隅に細い棒状の橛(けつ)という柱を立て,これに壇線という五色の糸でよった縄をからませて四方を囲む。…

※「導師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

導師の関連キーワードサンショウウオ導師と恋まじないセクシー・セディー後七日の御修法後七日の阿闍梨パンチャッキー南無当来導師婆羅門僧正当来の導師大阿闍梨灌頂の師イマーム菩提僊那啓白の鐘百済寺唱導師曲ろく橘三喜昇り楽蛙とび諷誦文

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

導師の関連情報