苗字(読み)みょうじ

百科事典マイペディア「苗字」の解説

苗字【みょうじ】

その家を表す名。。元来は名字と書いた。平安時代,当時の有力な姓氏を称するものが多く,まぎらわしくなったので,同姓の多い藤原氏などは国名の一字と藤を組み合わせて,加藤,佐藤,遠藤,近藤などと呼んだ。また平安中期ころから,武士などがその居所,名田(みょうでん)にちなんで字(あざな)(別称)をつくるようになり,地名にちなむさまざまな名字(苗字)が生まれた。江戸時代には苗字はほぼ固定したものの,一般庶民はふつう苗字を名のることを許されなかったが(苗字帯刀),明治維新後の1870年,平民も苗字の使用を許され,さらに1875年には,すべて苗字を名のることに定められた。→名字の地
→関連項目人名

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の苗字の言及

【家族法】より

… 中国の文化的影響が東アジアの諸国に及ぶ過程において,同姓不婚,異姓不養の規範は朝鮮には受け入れられたけれども,日本には受け入れられなかった。日本人が名のる苗字は,決して中国人の考える姓ではない。それは本質的には〈いえ〉という社会的構成体の名であり,個人は自己の所属する〈いえ〉の名を称する。…

【氏姓制度】より

…武士もまた,地頭として,本家,領家の氏をおかし,同姓を名のるものがふえた。ここにおいて,同姓の間でも,さらに族名を分かつ必要にせまられ,貴族では称号,武士では苗字(みようじ)が生ずるのである。 一方,氏姓のほかに,同時に発達したのが字(あざな)であり,仮名(けみよう),呼名(よびな)ともいわれ,一種の私称であった。…

【氏名】より

…特定個人の同一性を社会的に確定する機能をもった,ひとりひとりに付される呼称で,氏(うじ)と名(な)からなる。〈姓名〉〈名字(苗字)と名前〉〈名前〉などの言い方もある。個人の〈なまえ〉とされる全体(フルネームfull name)は,国により民族により異なっており,名と氏(姓)の組合せによるもの,氏という概念を伴わずに名と父称(母称)の組合せによるもの(アイスランド),あるいは名だけ(ミャンマー,インドネシアの庶民階級など),というところなどがある。…

【人名】より

…人名には,個人の所属を明らかにするため氏族,家族,父親,居住地などの名が添加されるといったことがあり,また世界の各民族や地域によって,その社会・文化のあり方とかかわる多様性もみられるので,世界数地域における人名について説明する。
【日本】
 日本人の場合は,姓(苗字(みようじ))を冠し名(個人名)を付けてその人名とするので,〈姓名〉と呼ばれる。それは長い歴史を経て今日に至っているが,その著しい特色は,世界に類をみない複雑多様性である。…

【姓氏】より

…上記の《職員録》において氏の名のみで家名のない人は,大典医の高階朝臣経徳などごく少数にとどまっている。 1872年に至って戸籍が初めて作成されたが,この壬申戸籍によって姓(かばね)は廃止され,氏の名と家名とは苗字の中に解消した。苗字は氏の名でも,家の名でも,また適当に案出した名でもよく,ただそれを登記さえすればよかった。…

※「苗字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android