コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝生勝吉 ほうしょう かつよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝生勝吉 ほうしょう-かつよし

1558-1630 織豊-江戸時代前期の能役者シテ方。
永禄(えいろく)元年生まれ。金剛流金剛家から宝生流5代宝生宝山の養子となり,6代をついではじめ宝生新次郎忠勝を名のる。徳川家康の招きで浜松城で「芭蕉」を演じ,葵(あおい)の紋服をあたえられた。以来宝生家は徳川家につかえ,江戸幕府式楽四座のひとつとなった。寛永7年8月26日死去。73歳。号は道奇。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android