コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝生友于 ほうしょう ともゆき

1件 の用語解説(宝生友于の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝生友于 ほうしょう-ともゆき

1799-1863 江戸時代後期の能役者シテ方。
寛政11年生まれ。父が早世したため,祖父の宝生流14代宝生英勝(ひでかつ)の養子となり,15代をつぐ。将軍徳川家斉(いえなり)・家慶(いえよし)の師範をつとめた。嘉永(かえい)元年江戸外神田で幕府最後で最大の勧進能を興行し,また謡曲正本の再版を刊行した。文久3年7月14日死去。65歳。通称は弥五郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

宝生友于の関連キーワード能太夫遠藤清之進大蔵虎光大橋円清加藤文琢観世銕之丞(3代)観世銕之丞(4代)宍戸善兵衛島谷吉兵衛福王盛充

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone