コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝鐸草 ホウチャクソウ

デジタル大辞泉の解説

ほうちゃく‐そう〔‐サウ〕【宝×鐸草】

ユリ科の多年草。山地の林の中に生え、高さ約50センチ。葉は長楕円形。5月ごろ、緑白色の筒状の花を下向きにつけ、あまり開かない。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうちゃくそう【宝鐸草】

ユリ科の多年草。山中の林内に群生。茎は高さ約50センチメートル。葉は狭長楕円形。春、枝先に長さ約3センチメートルの筒状の白花を一、二個垂れ下げる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

宝鐸草 (ホウチャクソウ)

学名:Disporum sessile
植物。ユリ科の多年草,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

宝鐸草の関連キーワード山中白花群生

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android