コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実因 じついん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実因 じついん

945-1000 平安時代中期の僧。
天慶(てんぎょう)8年生まれ。千観の弟。天台宗比叡(ひえい)山の延昌(えんしょう)の弟子となり,西塔具足房にすむ。長徳4年(998)大僧都,極楽寺座主(ざす)。のち河内(かわち)(大阪府)小松寺に隠棲した。長保2年8月12日死去。56歳。京都出身。俗姓は橘(たちばな)。通称は小松僧都,具房僧都。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android