コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実質国内総支出(読み)じっしつこくないそうししゅつ(英語表記)gross domestic expenditure at constant price

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実質国内総支出
じっしつこくないそうししゅつ
gross domestic expenditure at constant price

実質 GDEと略称され,国内総支出 GDEを構成する諸項目をそれぞれの対応するデフレーター実質化して合計したもの。たとえば家計消費支出消費者物価指数などから作成される家計消費支出デフレーターで,総固定資本形成は資本財の卸売物価指数などから作成されるデフレーターで実質化される。実質国民総支出 (実質 GNE) は GDEと国民総支出 GNEとの差である海外との要素所得移転を適当なデフレーター (たとえば GDEデフレーター) で実質化して実質 GDEに加算することによって求められる。この実質 GDE (実質 GNE) の年間増加率が通常経済全体の実質経済成長率を表わすものとされる。また名目 GDE (名目 GNE) ÷実質 GDE (実質 GNE) として求められるインプリシット・デフレーターは国民経済の総合的物価水準を表わすものとして使われることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android