最終需要(読み)さいしゅうじゅよう(英語表記)final demand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最終需要
さいしゅうじゅよう
final demand

生産および輸入された財貨・サービスのうち,産業などの原材料などとして再び生産過程に入って中間消費されるものでなく,家計や一般政府の消費あるいは資本形成などとして最終的に需要されるものをいう。国民経済計算では最終需要は家計消費支出,対家計民間非営利団体および一般政府消費支出,総資本形成,輸出から成る。したがって最終需要は生産総額 (総産出) +輸入から中間消費総額を控除したものであり,また国内総支出 GDEは最終需要から輸入を差引いたものに等しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

最終需要

 生産過程に影響することなく最終的に購入されるための需要.消費,投資,輸出などの需要を指す.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

さいしゅうじゅよう【最終需要】

産出または輸入された財の一部が、国内の生産過程に再投入されずに消費・投資・政府需要・輸出に用いられること。 → 派生需要

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android