コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客位語 きゃくいごpredicament

翻訳|predicament

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

客位語
きゃくいご
predicament

ポルフュリオスによって区別された5つの叙述様式 modi praedicandiをいう。のちにはスコラ哲学においても用いられた。その5つとは類,種,差別,特性,偶性である。またカントは純粋悟性の客位語として,属詞またはカテゴリーから生ぜしめられる,ア・プリオリ (→ア・プリオリとア・ポステリオリ ) ではあるが派生的なすべての概念を規定した。それはたとえば,力,能動,受動,現存,抵抗,生起,消滅,変化などである。一方ショーペンハウアーはその言葉の原初的な意味から離れて,praedicabilia a prioriのタイトルのもとに,種,時間,質料に関してア・プリオリに肯定されうる一般的なすべての命題の図表を示した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

客位語の関連キーワードポルフュリオス

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android