客位語(読み)きゃくいご(英語表記)predicament

翻訳|predicament

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

客位語
きゃくいご
predicament

ポルフュリオスによって区別された5つの叙述様式 modi praedicandiをいう。のちにはスコラ哲学においても用いられた。その5つとは類,種,差別,特性,偶性である。またカントは純粋悟性の客位語として,属詞またはカテゴリーから生ぜしめられる,ア・プリオリ (→ア・プリオリとア・ポステリオリ ) ではあるが派生的なすべての概念を規定した。それはたとえば,力,能動,受動,現存,抵抗,生起,消滅,変化などである。一方ショーペンハウアーはその言葉の原初的な意味から離れて,praedicabilia a prioriのタイトルのもとに,種,時間,質料に関してア・プリオリに肯定されうる一般的なすべての命題の図表を示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android