コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客観的観念論 キャッカンテキカンネンロン

デジタル大辞泉の解説

きゃっかんてき‐かんねんろん〔キヤククワンテキクワンネンロン〕【客観的観念論】

哲学で、精神的・観念的なものを主観的意識から独立した客観的原理として立て、世界をそのあらわれとする立場。プラトンヘーゲルらに代表される。→主観的観念論

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きゃっかんてきかんねんろん【客観的観念論】

世界は単なる主観的な観念ではなく、究極的・観念的実在によって成り立っているとみなす考え。その実在を観念的なものとみる点で唯物論に対立し、さらにその観念を客観的なものとみる点で主観的観念論に対立する。プラトン・ヘーゲル・シェリングなどが代表的。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone