主観的観念論(読み)しゅかんてきかんねんろん(英語表記)subjektiver Idealismus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主観的観念論
しゅかんてきかんねんろん
subjektiver Idealismus

個人の意識作用を離れてはなにものも独立には存在しないとする観念論の一つの立場。 F.シェリングが自己の観念論を I.フィヒテのそれから区別するため,後者の観念論を主観的,自身のそれを客観的観念論と呼んだ。ヘーゲルは自己の観念論を両者の総合であるとして絶対的観念論と呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅかんてきかんねんろん【主観的観念論】

世界ないし事物を主観の意識内容に帰し、それから独立した客観的実在を認めない考え。バークリーが代表的。一切を自我の所産ととらえ、外的世界に対する自由の感情を確保するフィヒテの哲学を、シェリング・ヘーゲルに対比させて呼ぶ場合もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android