宣徳(読み)せんとく

精選版 日本国語大辞典「宣徳」の解説

せん‐とく【宣徳】

〘名〙
① 徳をのべひろげること。
※江戸繁昌記(1832‐36)四「宣徳の化、昭文の成、科挙民に及ばざるも、鉅儒世応じて生じ」 〔漢書‐張安世伝〕
② 中国、代の宣徳年間(一四二六‐三五)鋳造の宣徳通宝の略。室町時代に日本に移入され、海外渡来銭の一つとして通用した。
※蜷川文書‐三集・永正三年(1506)七月二二日「其外のとたう銭、ゑいらく、こうふ、せんとく、われ銭〈略〉向後取わたすべし」
※黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)中「銀の花いけせんとくのひろ口などでいけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android