宣徳(読み)セントク

大辞林 第三版の解説

せんとく【宣徳】

中国、明の宣宗の治世の年号(1426~1435)。
「宣徳銅器」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐とく【宣徳】

〘名〙
① 徳をのべひろげること。
※江戸繁昌記(1832‐36)四「宣徳の化、昭文の成、科挙民に及ばざるも、鉅儒世応じて生じ」 〔漢書‐張安世伝〕
② 中国、明代の宣徳年間(一四二六‐三五)鋳造の宣徳通宝の略。室町時代に日本に移入され、海外渡来銭の一つとして通用した。
※蜷川文書‐三集・永正三年(1506)七月二二日「其外のとたう銭、ゑいらく、こうふ、せんとく、われ銭〈略〉向後取わたすべし」
黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)中「銀の花いけせんとくのひろ口などでいけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android