コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室の八島 ムロノヤシマ

デジタル大辞泉の解説

むろ‐の‐やしま【室の八島】

《「八島」は釜の意》古代の占いの一。除夜にかまどを祓い清めて、その灰の状態で翌年の吉凶を占ったもの。
栃木市惣社町にあった下野(しもつけ)の国の総社、大神(おおみわ)神社。そこにある池からは絶えず水気が煙のように立ち上がっていたのを、かまどから煙が立ち上るのに見たてた。[歌枕]
「朝霞深く見ゆるや煙立つ―のわたりなるらむ」〈新古今・春上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むろのやしま【室の八島】

古来の和歌などに見える地名。現在の栃木市惣社町にあったとされる。野中に清水が湧き出、立ち上る水蒸気が煙のように見えたという。現在、大神おおみわ神社の境内の池中の島を室の八島の跡というが、後の付会と思われる。⦅歌枕⦆ 「いかでかは思ひ有ともしらすべき-の煙ならでは/詞花 恋上

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

室の八島の関連キーワード心の空かまど歌枕

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android