除夜(読み)ジョヤ

デジタル大辞泉の解説

じょ‐や〔ヂヨ‐〕【除夜】

《除日(じょじつ)の夜の意》1年の最後の夜。大晦日(おおみそか)の夜。除夕(じょせき)。 冬》「―の妻白鳥のごと湯浴(あ)みをり/澄雄」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

除夜【じょや】

大晦日(おおみそか)の夜。年取り,年越しとも。神社では大祓(おおはらえ)の神事が行われ,寺院では108の除夜の鐘を鳴らして煩悩解脱(ぼんのうげだつ)を祈る。年籠(としごもり)と称して神社に籠りこの夜を過ごした習慣は,元日未明に神社にお参りする習俗の中に残っている。またこの夜新たに清い火をつくり,新年の火とする習わしも各地にあり,京都八坂神社のおけら参りもその例。
→関連項目大晦日

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょや【除夜】

大晦日の夜。年の夜大年,年越しなどともいう。神社では大祓(おおはらえ)といって人形(ひとがた)に託して罪穢を流し,寺院では百八煩悩の鐘をつき鳴らす。除夜の鐘は午前零時の前後につかれ,ここに年ののあることが一般に認められているが,一日の境を日没時とする日本の古い考えでは,除夜はすでに新年に属し,来臨する年神をまつる神聖な夜であった。このため神社では篝火が焚かれ参籠が行われるが,一般家庭でも,かつては年神の前で家族揃って正式の食膳を囲んだあと,いろり大火を焚いて終夜起きているべきとしていた所が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょや【除夜】

一年の最終日の夜。大晦日おおみそかの夜。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょ‐や ヂョ‥【除夜】

〘名〙 おおみそかの夜。一年の最後の晩。除夕(じょせき)。《季・冬》
※経国集(827)一三・除夜〈嵯峨天皇〉「欲眠不眠坐除夜、雲天此夜秀芳春」 〔俳諧・増山の井(1663)〕 〔杜審言‐守歳侍宴応制詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の除夜の言及

【追儺】より

…【伊藤 唯真】
[中国]
 儺(だ),大儺とも呼ぶ。古代では季節ごとに行われたが,漢代以降12月中に1度行われ,唐・宋時代,除夜の行事となった。庶民の間でも行われたが,宮中の追儺はとくに盛大である。…

※「除夜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

除夜の関連情報