宮城伝統こけし

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

宮城伝統こけし[人形・玩具]
みやぎでんとうこけし

東北地方、宮城県の地域ブランド。
大崎市・刈田郡蔵王町・白石市・仙台市などで製作される。江戸時代末期頃、東北地方の温泉土産として生まれた東北の伝統こけし。宮城県内には鳴子こけし遠刈田こけし弥治郎こけし作並こけし肘折こけしの5つの伝統こけしがある。1981(昭和56)年6月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android