宮城 仁四郎(読み)ミヤギ ジンシロウ

20世紀日本人名事典の解説

宮城 仁四郎
ミヤギ ジンシロウ

昭和・平成期の実業家 琉天会会長;リウエン社長。



生年
明治35(1902)年1月10日

没年
平成9(1997)年12月20日

出生地
沖縄県大宜味村

学歴〔年〕
鹿児島高等農林学校(現・鹿児島大学)農芸化学科〔大正15年〕卒

主な受賞名〔年〕
琉球政府産業功労賞〔昭和37年〕,勲三等瑞宝章〔昭和47年〕,琉球新報賞〔昭和52年〕

経歴
沖縄製糖工場長を経て、ジャワ島で製糖、セメント製造、農園経営にあたる。戦後は沖縄民政府工務部副部長をつとめ、昭和25年に大東糖業設立、社長に就任。砂糖のほか、パイナップル、たばこ、畜産、食品加工などに事業を拡大。34年琉球セメント社長、40年那覇商工会議所会頭、中琉協会会長、41年11社1団体で構成する琉天会を創設し会長。47年リウエン社長、52年波照間製糖社長、のち玉城園地会長・社長。50年日韓親善協会会長、57年沖縄経営者協会会長などを歴任。パインを沖縄の基幹産業に発展させた功労者だった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

宮城 仁四郎 (みやぎ じんしろう)

生年月日:1902年1月10日
昭和時代;平成時代の実業家。琉天会会長;リウエン社長
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android