コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基幹産業 きかんさんぎょう key industries

6件 の用語解説(基幹産業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基幹産業
きかんさんぎょう
key industries

基礎産業ともいう。経済学的に厳密な定義づけがある用語ではないが,一般に一国経済の発展の基礎をなす重要産業をいう。通常,鉄鋼業,電力などのエネルギー産業機械工業化学工業などをさし,鉄道,海運業などを含める場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きかん‐さんぎょう〔‐サンゲフ〕【基幹産業】

一国の経済活動の基盤となる重要な産業。一般に鉄鋼・エネルギー自動車産業電子工業などをさすが、経済の発展段階によってその内容は異なる。キーインダストリー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

基幹産業【きかんさんぎょう】

一国経済の死命を制するような重要な基礎産業。一般的には鉄鋼を中心とする金属工業,電力・石油などエネルギー産業,主要機械工業,主要化学工業および交通運輸など,言いかえれば生産手段生産部門の枢要部分をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きかんさんぎょう【基幹産業】

一国の経済の基礎をなす産業のことで,キー・インダストリーkey industryともいう。鉄鋼など他の産業の原材料や建設用の資材として広く使われる重要な物資を生産する産業,また電力など経済活動に不可欠なエネルギーを供給する産業が代表的な例である。自動車工業など,労働者の雇用が多く,しかも数多くの部品メーカーに対する生産の波及効果が大きい産業を,基幹産業に含めることもある。このほかに,鉄道,海運など主要な運輸産業も含める場合がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きかんさんぎょう【基幹産業】

一国の経済活動を支えている最重要な産業分野。経済の発展段階によって異なるが、工業国では鉄鋼・電力などの産業。キー-インダストリー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

基幹産業
きかんさんぎょう

一国の経済の基礎をなす産業のなかで、とくに国の生産の消長の鍵(かぎ)を握る重要産業Key Industryのこと。一般に、鉄鋼など産業用原材料・建設用資材を生産する産業、石炭・電力・石油などのエネルギー産業、自動車・造船・工作機械などの機械工業、さらには化学肥料・化学繊維など他の産業を発展させるうえに欠くことのできない重化学工業をさす用語として使用されるが、本来的には、第二次世界大戦後の経済再建・産業復興の「基幹」をなす産業として、政策的意図から重点的に資金や資源が配分され、保護育成された産業をさすものであった。たとえば日本では、戦後の復興にあたり、1947年(昭和22)から鉄鋼・石炭の傾斜生産方式が採用され、石炭・電力・鉄鋼・造船・化学肥料が五大基幹産業として指定され、その後、化繊・機械(工作・産業用など)などが経済の重化学工業化のための基幹産業として追加、重視され、政策的にも保護された。これに対し、55年以後の日本経済の高度成長期には、重化学工業化が達成されたことから、石油化学・石油精製・自動車・電気機器、60年代後半からは半導体・コンピュータが、新興の、世界に進出する戦略産業として重視された。70年代には鉄鋼・造船・自動車が、80年代には半導体・エレクトロニクス分野が世界の超一流に成長し、90年代には情報通信産業の発展が主導する「情報化」が各産業に普及し、産業構造を「重厚長大型」プラス「軽薄短小型」に大きく転換させ、今後は、相対的には後者を中心に、「知識集約型」の新規諸産業が日本経済をリードしていくこととなろう。
 工業化を目ざす発展途上国では、輸入代替産業とか固有の保有資源の開発を中心に、先進国からの資金援助・経済協力・資本導入などを通じて、基幹産業の育成が政府の手厚い保護のもとに強行されているケースと、東南アジア諸国のように、多国籍企業の積極的招致による輸出主導型の経済開発によって目覚ましい成長を遂げているケースもある。[殿村晋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基幹産業の関連キーワードスケール・メリットスコープ・メリット楽節主調呪力softnomicsファンダメンタルズ分析(Fundamentals Analysis)マクロ経済キー・アカウント《幾何学の基礎をなす仮説について》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

基幹産業の関連情報