コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮島誠一郎 みやじま せいいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮島誠一郎 みやじま-せいいちろう

1838-1911 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)9年7月生まれ。出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩士戊辰(ぼしん)戦争のとき,藩命により雲井竜雄らと京都で和平工作にあたる。維新後は新政府につとめ,宮内省爵位局主事をへて貴族院議員遺著に「戊辰日記」など。明治44年3月15日死去。74歳。号は栗香,養浩堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮島誠一郎

没年:明治44.3.15(1911)
生年:天保9.7.6(1838.8.25)
米沢藩士,明治時代の政治家。幼名熊蔵,号は栗香,養浩堂。父は吉利,母は宇乃。若くして藩校の助教となり,諸国を遊歴。戊辰戦争の際には,京都で広沢真臣と東北地方の和平について会談し,奥羽越列藩同盟のなかにあって最終段階まで政府軍との戦争に反対した。明治3(1870)年政府に出仕,以後左院や修史館,参事院,宮内省などの中堅官僚を歴任し,同29年貴族院勅選議員。大久保利通のもとにも出入りし,明治初年の政治局面の動きを伝えて興味深い日記などの記録を残している。中国との親善を主張し,同13年,アジア諸国との学術交流を掲げた興亜会を設立,のち興亜学校を経営した。

(佐々木克)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

宮島誠一郎の関連キーワード宮島詠士没年

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android