コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮川早生

1件 の用語解説(宮川早生の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

宮川早生

福岡県、大阪府、香川県、愛知県などで生産されるミカン。早生の温州ミカンの代表的品種。実の大きさは110g程度、果皮は濃い橙色で、酸味と糖度のバランスがよい。1910年代に、福岡県山門郡城内村(現在の柳川市)の医師宮川謙吉氏が、自宅に植えていた在来系温州の中に早生のものを発見。1925年に命名・発表した。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮川早生の関連キーワード愛宕巨峰幸水愛知早生青島温州正月菜なつおとめニューサマーオレンジ坊ちゃんかぼちゃ桝井ドーフィン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮川早生の関連情報