宮本 行一郎(読み)ミヤモト ギョウイチロウ

20世紀日本人名事典「宮本 行一郎」の解説

宮本 行一郎
ミヤモト ギョウイチロウ

明治〜昭和期の農業家 大野村(茨城県)村長



生年
明治7年9月14日(1874年)

没年
昭和35(1960)年3月20日

出生地
茨城県

学歴〔年〕
茨城県中央農事講習所卒

経歴
中国・金州の白菜種子から結球白菜をつくり、明治44年茨城白菜とした。昭和6年大野村村長。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android