コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白菜 ハクサイ

デジタル大辞泉の解説

はく‐さい【白菜】

アブラナ科の越年草。晩秋から冬の代表的な野菜。葉柄は扁平で幅広く、葉にしわがあり、密に重なり合う。春に淡黄色の花をつける。中国の原産とされ、日本には明治初期に渡来。漬け物に多用され、煮物などにも用いる。 冬》

パクチョイ【白菜】

《〈中国語〉》アブラナ科中国野菜。葉は円形で、葉柄は幅広く白い。日本には昭和50年代に導入。葉柄が緑色のものは青梗菜(チンゲンサイ)ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくさい【白菜】

アブラナ科の越年草。中国北部原産。明治初期に日本に渡来し、品種改良を経て明治末年頃に栽培技術が確立。葉は大形の長楕円形で、生育するにつれ互いにゆるやかに重なり合う。貯蔵性にすぐれる。漬物や鍋物のほか各種の料理に用いる。 [季] 冬。

パクチョイ【白菜】

〔中国語〕
アブラナ科の中国野菜。タイサイの仲間。葉は楕円形で、葉柄は肉が厚く白色または淡緑色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白菜 (ハクサイ)

学名:Brassica campestris var.pekinensis
植物。アブラナ科の二年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

白菜の関連キーワード笹川錦帯はくさい一夜漬け・一夜漬ハクサイ(白菜)しゃぶしゃぶピェンロー鍋長崎はくさい菜漬け・菜漬宮本 行一郎烏賊の粕漬け渡辺 頴二サンマー麺戸部 彪平宮本行一郎淡色野菜彦島春菜辻田白菜野崎2号カット売タイサイ仙台白菜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白菜の関連情報