コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白菜 ハクサイ

4件 の用語解説(白菜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はく‐さい【白菜】

アブラナ科の越年草。晩秋から冬の代表的な野菜。葉柄は扁平で幅広く、葉にしわがあり、密に重なり合う。春に淡黄色の花をつける。中国の原産とされ、日本には明治初期に渡来。漬け物に多用され、煮物などにも用いる。 冬》

パクチョイ【白菜】

《〈中国語〉》アブラナ科中国野菜。葉は円形で、葉柄は幅広く白い。日本には昭和50年代に導入。葉柄が緑色のものは青梗菜(チンゲンサイ)ともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はくさい【白菜】

アブラナ科の越年草。中国北部原産。明治初期に日本に渡来し、品種改良を経て明治末年頃に栽培技術が確立。葉は大形の長楕円形で、生育するにつれ互いにゆるやかに重なり合う。貯蔵性にすぐれる。漬物や鍋物のほか各種の料理に用いる。 [季] 冬。

パクチョイ【白菜】

〔中国語〕
アブラナ科の中国野菜。タイサイの仲間。葉は楕円形で、葉柄は肉が厚く白色または淡緑色。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白菜の関連情報