白菜(読み)はくさい

精選版 日本国語大辞典「白菜」の解説

はく‐さい【白菜】

〘名〙 カブ()の栽培品種。中国北部原産と考えられる重要な蔬菜で、日本には明治時代に導入され、改良された結果、大正時代になって次第に全国に普及するようになった。葉は大きく長楕円形または広倒卵形で縁は波状となり、葉面には皺がある。春に花茎を伸ばし、淡黄色で径一センチメートルぐらいの花を多数開く。栽培品種は結球性・半結球性・不結球性に大別される。日本では結球性の品種が多く、結球白菜と総称される。主に晩秋から冬に出荷され、漬物や炒め物、鍋料理などに用いられる。《季・冬》 〔薬品手引草(1778)〕

しろ‐な【白菜】

〘名〙 植物「つけな(漬菜)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

パク‐チョイ【白菜】

〘名〙 (中国語から) 中国野菜のうち不結球性のアブラナ科野菜の呼び名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「白菜」の解説

はく‐さい【白菜】

アブラナ科の越年草。晩秋から冬の代表的な野菜。葉柄は扁平で幅広く、葉にしわがあり、密に重なり合う。春に淡黄色の花をつける。中国の原産とされ、日本には明治初期に渡来。漬け物に多用され、煮物などにも用いる。 冬》
[類語]唐菜小松菜芥子菜高菜野沢菜水菜壬生菜

パクチョイ【白菜】

《〈中国語〉》アブラナ科の中国野菜。葉は円形で、葉柄は幅広く白い。日本には昭和50年代に導入。葉柄が緑色のものは青梗菜チンゲンサイともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「白菜」の解説

白菜 (ハクサイ)

学名Brassica campestris var.pekinensis
植物。アブラナ科の二年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android