コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮林菫哉 みやばやし きんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮林菫哉 みやばやし-きんさい

1887-1921 明治-大正時代の歌人,俳人。
明治20年5月14日生まれ。短歌を北原白秋にまなび,「地上巡礼」「曼陀羅(まんだら)」などに投稿。俳句は河東碧梧桐(へきごとう)の新傾向運動に賛同。社会主義的思想をいだき,小説「本流へ」を掲載した俳誌「骨」は発禁となった。大正10年2月23日死去。35歳。長野県出身。本名は弥作。歌人名は赤野陽一。別名に田川弥吉。句集に「冬の土」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮林菫哉の関連キーワード大正時代俳人明治

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android