宮林菫哉(読み)みやばやし きんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮林菫哉 みやばやし-きんさい

1887-1921 明治-大正時代の歌人,俳人。
明治20年5月14日生まれ。短歌を北原白秋にまなび,「地上巡礼」「曼陀羅(まんだら)」などに投稿。俳句は河東碧梧桐(へきごとう)の新傾向運動に賛同。社会主義的思想をいだき,小説「本流へ」を掲載した俳誌「骨」は発禁となった。大正10年2月23日死去。35歳。長野県出身。本名は弥作。歌人名は赤野陽一。別名に田川弥吉。句集に「冬の土」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android