宮田文子(読み)みやた ふみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮田文子 みやた-ふみこ

1888-1966 大正-昭和時代の随筆家。
明治21年7月21日生まれ。大正9年武林無想庵と結婚,パリにわたる。昭和9年離婚し,10年ベルギー在住の貿易商宮田耕三と契約結婚。戦後は自伝旅行記を執筆。昭和41年6月25日死去。77歳。愛媛県出身。京都府立第一高女卒。旧姓中平。著作に「刺青割礼食人種の国」「わたしの白書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android