刺青(読み)シセイ

  • 書名

デジタル大辞泉の解説

谷崎潤一郎の小説。明治43年(1910)発表。刺青師清吉によって背中に女郎蜘蛛(じょろうぐも)を彫られたお酌が、驕慢(きょうまん)な美女に変身していく姿を耽美(たんび)的に描く。昭和41年(1966)、増村保造監督、脚本新藤兼人により映画化。
富田常雄の小説。昭和22年(1947)発表。昭和24年(1949)「面(めん)」とあわせ第21回直木賞受賞。
入れ。ほりもの。
[補説]作品名別項。→刺青

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 皮膚を針などで傷つけ、墨、朱などを入れて絵画や文字などをほりつけること。また、そのもの。いれずみ。ほりもの。
[2] 小説。谷崎潤一郎作。明治四三年(一九一〇)発表。美女の肌におのれの魂を彫り込むことを宿願とする刺青師清吉を通して、美に対する跪拝(きはい)の念を官能的・耽美的に描く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の刺青の言及

【入墨∥刺青】より

…皮膚に鋭利な道具で傷をつけ,そこに色料をすり込むかまたは注入することにより文様を浮かび上がらせるもの。文身(ぶんしん),刺青(しせい),黥(げい)などともいわれる。身体装飾のうちの身体彩色の一技法としては,文様がほぼ永久的に維持される点を特徴とする。…

【身体変工】より

…(6)文身 瘢痕(はんこん)文身cicatrizationと刺痕文身tattooとに分けられる。前者は皮膚に切込みを入れたり,焼灼(しようしやく)したりして,その傷跡が盛り上がることを利用し文様を浮き上がらせるもの,後者は一般に入墨や刺青と呼ばれるものに相当し,鋭利な道具で皮膚を傷つけ,その部分に色素を注入し定着させ文様を描くものである。瘢痕文身はアボリジニー,メラネシア,アフリカなど肌の色の濃い民族が行うのに対し,世界各地のその他の比較的肌の色の薄い民族の間では刺痕文身が一般的で,中でもポリネシアの刺痕文身がその入念さから名高い。…

※「刺青」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

刺青の関連情報