コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮発太郎 みや はつたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮発太郎 みや-はつたろう

?-? 江戸時代後期の水泳師範。
武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)の医師の子。紀伊(きい)和歌山藩で野島流の遊泳術をまなぶ。嘉永(かえい)5年(1852)伊勢(いせ)津藩の師範となり,阿漕が浦に道場をひらく。その泳法観海流とよばれ,安政3年山田省助,種村順次郎兄弟に免許をあたえたのち,津藩を去った。名は信徳

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宮発太郎の言及

【水泳】より

…横体のあおり足の泳法を用いる。(9)観海流 比較的新しく,1853年(嘉永6)武州浪人の宮発太郎が津藩に招かれて創始したもので,明治期に軍隊,学校で盛んになった。蛙足平泳(かえるあしひらおよぎ)の系統。…

※「宮発太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android