コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観海流 カンカイリュウ

大辞林 第三版の解説

かんかいりゅう【観海流】

水泳術の一派。祖は武蔵の人、宮発太郎信徳。蛙の泳ぎ方に似た平泳ぎで、遠泳に適する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観海流
かんかいりゅう

現存する日本泳法の一流派。1854年(安政1)に、忍(おし)藩(埼玉県)藩士宮発太郎信徳(みやはつたろうのぶのり)が諸国漫遊の途次、遠泳の重要性を感じて編み出した泳ぎで、蛙足(かえるあし)平泳を基本としており、その特色は長距離の水上を遊泳し、比較的疲労せずに目的地に達することができる点にある。したがって、泳法はきわめて自然であり無理がない。観海の流名は、宮発太郎信徳の泳法に対し津(三重県)藤堂藩の閣老藤堂高克(たかかつ)が「観海如陸」と賞したことに始まるという。藤堂藩の藩校有造館の教科となり、夏期60日間教授された。泳法には平泅(ひらおよぎ)、抜手(ぬきて)、半身泅(かたみおよぎ)などがあるが、遠泳を主としており、古式沖渡りは特色の一つ。[笹島恒輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の観海流の言及

【水泳】より

…横体のあおり足の泳法を用いる。(9)観海流 比較的新しく,1853年(嘉永6)武州浪人の宮発太郎が津藩に招かれて創始したもので,明治期に軍隊,学校で盛んになった。蛙足平泳(かえるあしひらおよぎ)の系統。…

※「観海流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

観海流の関連キーワード山田省助片身泳ぎ沖渡り法阿漕浦抜き手一派水泳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android