コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮脇愛子 みやわきあいこ

百科事典マイペディアの解説

宮脇愛子【みやわきあいこ】

彫刻家。静岡県生れ。日本女子大卒。文化学院阿部展也斎藤義重に学ぶ。1957年カリフォルニア大学留学。1959年初個展。1963年パリ・ビエンナーレに出品。抽象絵画制作後,金属彫刻へ展開。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮脇愛子 みやわき-あいこ

1929-2014 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和4年9月20日生まれ。磯崎新(あらた)の妻。文化学院,カリフォルニア大でまなぶ。はじめは油彩画をえがくが,40年から金属やガラスをもちいた抽象彫刻を制作。ステンレス製ワイヤの円弧で作る「うつろひ」シリーズでしられる。56年ヘンリー・ムーア大賞展で特別優秀賞,57年土方定一賞など受賞多数。平成26年8月20日死去。84歳。静岡県出身。日本女子大卒。作品はほかに「Work」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮脇愛子の関連キーワード奈義町現代美術館彫刻家

宮脇愛子の関連情報