コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤義重 さいとうよししげ

5件 の用語解説(斎藤義重の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎藤義重
さいとうよししげ

[生]1904.5.4. 東京,東京
[没]2001.6.13. 神奈川,横浜
造形作家。日本の現代美術の先駆者。旧制中学校在学中から独学で油絵を始め,ダダ構成主義などの影響を受けて前衛美術を志した。1938年二科会の九室会結成に参加し,翌 1939年の第1回展に平面でも立体でもない作品『トロウッド』を出品した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

斎藤義重【さいとうよししげ】

美術家。東京生れ。戦前,二科会,九室会グループ美術文化協会に属したが,のち無所属で抽象的表現による新しい絵画を追求した。また,木材による立体作品も制作。日本国際美術展現代日本美術展で最優秀賞を受けたほか,グッゲンハイム展,サンパウロビエンナーレ展など多くの国際展で受賞。
→関連項目サン・パウロ・ビエンナーレ宮脇愛子もの派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤義重 さいとう-よししげ

1904-2001 昭和-平成時代の洋画家,造形作家。
明治37年5月4日生まれ。油絵のほか,合板によるレリーフを制作。昭和11年二科展に初入選。14年美術文化協会の創立にくわわる。35年グッゲンハイム国際美術展,36年サンパウロ-ビエンナーレで受賞。60年朝日賞。素木の板を素材とし,平面,立体とつねに前衛的な造形にいどむ。39-48年多摩美大教授。平成13年6月13日死去。97歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

さいとうよししげ【斎藤義重】

1904(明治37)‐ 
美術家。東京生れ。若年時に大正期前衛美術の動向に触れて衝撃をうける。いったん美術から離れるが,1920年代末期に前衛美術作家の一人として再び活動。戦後57年にカムバックして以来,国際的にも高い評価を得,また60年代半ば以降,若い世代の作家たちに直接間接に大きな影響を及ぼした。戦前すでに抽象的絵画やレリーフ状の構成的作品によってスタートを切り,戦後の一時期抽象表現主義の絵画を制作した以外は,一貫して絵画でも彫刻でもない独自の半立体の構成的作品を生み出す

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤義重
さいとうよししげ
(1904―2001)

洋画家、造形作家。明治37年5月4日東京生まれ。日本中学校時代から油絵を始めるが、1920年(大正9)ロシア未来派のブルリュークとパリモフの来日展覧会をはじめ、村山知義などの大正期前衛美術運動に強い刺激を受け、早くから立体構成的な作品を手がける。36年(昭和11)二科展に初入選し、前衛的な作品を集めた第9室に展示される。その後、同室の作家による九室会に参加。39年美術文化協会の創立に参加。53年(昭和28)退会後は無所属。57年日本国際美術展でK氏賞、59年同展で国立近代美術館賞、同年国際美術評論家連盟賞、60年、現代日本美術展で最優秀賞、グッゲンハイム賞国際展では国内賞と国際賞を受け、61年サン・パウロ・ビエンナーレ展で国際絵画賞を受けた。多摩美術大学教授(1964~73)として後進の指導にあたるが、60年代なかばから、各種の素材を自由に用いて、斬新(ざんしん)な三次元造形へと移った。78年東京国立近代美術館で大規模な個展開催。ほかにも84年東京都美術館ほか、93年(平成5)横浜美術館ほか、99年神奈川県立近代美術館で個展を開催した。1984年度の朝日賞を受賞。平成13年6月13日死去。[小倉忠夫・柳沢秀行]
『『斎藤義重』(1964・美術出版社) ▽東京画廊編『斎藤義重』(1974・土井印刷) ▽東京都美術館ほか編『斎藤義重展』(1984・東京都美術館) ▽横浜美術館学芸部編『斎藤義重による斎藤義重展』(1993・朝日新聞社) ▽神奈川県立近代美術館編・刊『斎藤義重展図録』(1999)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤義重の関連キーワード吉川耕渓自由美術協会自由美術家協会美術界岩村透岡本唐貴菊畑茂久馬浅野孟府植村鷹千代普門暁

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤義重の関連情報